どんちゃんDAY! カン・ドンウォン写真集発売記念イベント ~開演まで~

昨日は自分の事ばっか書いてましたが・・・^_^;
今日は本題のどんちゃんのイベントでの事についてお話しようと思います。
≪・・・とこの時は思ったんですがまた自分の事ばっか書いてます・・・≫





どんちゃんに会いたいがために一人で慣れない東京に来て
かなり不安いっぱいだったのですが・・・

優しい方に出会い無事会場までたどり着いたと言うのが
昨日書いた所までです(^_^ゞ

で。たどり着いたのはいいのですが開場まで時間があり外でじーーーっと
待ってたのですがかなり暑かったです((+_+))

でもね。もうすぐどんちゃんに会えると思ったら結構頑張れましたよ!!
なんてったって一年以上も会えるの夢見続けててもう少しで夢が叶うんだもの!!

・・・というのもあるんですが近くにいらした方がすっごいどんちゃんのことを
周りの方に語ってらしてそれを聞いてたら楽しくってね^_^;

で。そうするうちに時間が経ってはがきの番号順に中に入ったんですが・・・・・・・・・・・・・・・・・。
これが天と地を分ける運命の入場になるとはその時は夢にも思いませんでした・・・・・・・・・・・。
≪詳しくは5/2の日記をどうぞ≫

中に入るとかなり暗くてちょっとびびったんですがよくよく会場を見渡すと
かなりおしゃれな感じでまた狭いんだわ!!≪←ここが肝心(笑)!!!≫

立ち見だし結構詰めて入ってたので2000番台ちょい前の番号の私でも
すっごい前で見ることが出来ました。ステージから3メートルくらい??

アリーナって言っていいのかな??そこの真ん中あたりに鉄柵みたいなのがあって
そこで2000人のくぎりだったと思うのです。
≪追加訂正 今回のイベントの整理番号は1000番からだったらしいので
         ちょうど1000人の区切りということだったみたいです≫

しかし番号2000番ぎりぎりの私は鉄柵の後ろに行ったのです。
前は人ぎゅうぎゅうだったし。

けどね。私は見逃しませんでした!!鉄柵に寄りかかっている人の前の
ぎりぎり前一人入れるかどうかのスペースを!!!!!

小心者の性格な故いつもなら絶対そんな行動はしないのですが
その時の私は後悔だけは絶対にしたくない!!!の一心で驚くべき行動を・・・。

そうです。そのわずかなスペースに分け入って入ったのですv(^_^)v
この時ばかりは本当にかなり強引でした^_^;
しかし思ったより結構空間空いててこの時ばかりは自分の行動を喜びました。

そして鉄柵に寄りかかってた方に申し訳ないと思いつつお邪魔にならないように
その方たちの間に頭が行くようにしたりして場にとどまりました。

それと今回は本当によかったと感じたことがもう一つあります。
それは私の身長です。164センチとあまり高くはないのですが周りの方は
あまり大きな方がおられなくて本当にどんちゃんが見やすかったです(感涙)

あ・・・。また自分の事ばかり書いちゃった^^;
長くなってしまったのでこれはこの辺で・・・。

次は絶対どんちゃん登場させます(>_<)  ハナヒバナ☆彡
[PR]
by anon-d | 2006-05-03 22:43 | カン・ドンウォン

心に、温かさを。


by anon-d